資格とは

公的資格

 資格の中には国家資格、公的資格、民間資格の3種類がありますが、公的資格というのは財団法人や社団法人、日本商工会議所が実施している試験に合格をして認定される資格のことをいいます。

 

 公的資格は比較的受験者が多いことが特徴で、知名度の高いような資格もたくさんあるのも特徴の一つです。ひとつの公的資格でも、レベルがいくつかに分けられているような資格もあったりして、難しいレベルのものになると、公的資格を持っていることで就職にも役に立つといわれています。公的資格は持っている人のモラルを向上させるためにできた資格です。

 

 公的資格を持っている人は厳格な法律に従って国民が安心できるようなサービスを行うことが決められています。公的資格にはどのような資格が具体的にはあるのかというと、たとえば英検や簿記検定といった資格試験が公的資格として有名です。

 

 他にも多くの公的資格はありますので、しっかり勉強をして受験すれば国家資格に比べると割と取りやすいとも言われていますから、これから資格を取得する人には公的なものもいいと思いますよ。

 

資格 資格を取ろう

資格の難易度

 資格の難易度についてですが、資格を取得する際に参考にしたいのが資格の難易度ですよね。資格の難易度によっては独学で勉強することが難しい資格がどんなものなのか、などがわかると思いますから、資格の難易度を確認しておくということは大切なことだと思います。

 

 まず一つ目は資格の難易度の高いものを紹介したいと思いますが、資格の難易度が一番高い資格は当然取得がかなり難しいのですが、資格がないとつけない職業が多いので一度取ってしまえば一生ものの資格になると思います。

 

 資格難易度が高いのは、公認会計士、弁理士、司法書士、国家公務員、気象予報士の資格が難しいといわれています。

 

 逆に資格の難易度が低い試験は誰でも手軽に、とは言ってもそんなにやさしくはないのですが、受験して資格取得を目指すことができますからいいかもしれませんね。

 

 では資格難易度が低い資格とはどんなものがあるでしょうか。比較的やさしい資格としては秘書検定、英検3級があります。そして少し難しいのになると、手話通訳士、保育士、証券外務員、2級建築士、日商簿記3級、中国語検定といったものになりますね。

 

 これから資格を取得しようと考えていて、どんな資格を選べばいいのかわからないという人の場合には、資格の難易度をチェックしてみると参考になりますよ。

 

資格 資格を取ろう