資格とは

国家資格

 国家資格というのは、国の法律によっていろいろな分野で個人の能力や知識を判断する試験で、特定の仕事などにつく場合に証明される資格のことをいいます。

 

 法律で、一定の社会的な地位が国家資格によって保障されますから、国家資格を持っていることで社会から信頼されると思います。

 

 国家資格にはいろいろなものがあるのですが、有資格者しか携わることができない業務独占資格である弁護士や公認会計士、司法書士といった国家資格もありますし、資格を持っている人以外はその資格の名前を名乗ってはいけないといわれている保育士や中小企業診断士の資格などもあります。

 

 また国家資格の中には、必ず資格を持っている人を事業所に設置しなければいけないことになっている設置義務資格の国家資格として、宅地建物取引主任者といった資格もあります。

 

 このように国家資格と一言でいってもいろいろな資格の種類があって、国家資格を持っていれば特定のその職業に就くことができる資格です。国家資格がなければつくことができない仕事もありますから、国家資格を受験する人は多く、年齢制限がある国家資格から制限がない国家資格までその種類もいろいろです。

 

資格 資格を取ろう

資格試験

 資格試験というのは、ある資格を取得するために受験する試験のことをいうのですが、一言で資格試験といってもいろいろな資格試験があります。

 

 また、資格試験の難易度もそれぞれの資格によって違っています。たとえば国家資格を取得するための資格試験になるとそれなりに難しくなってきますし、公的な検定試験のような資格試験の場合には、簡単なおさらい程度の資格試験を受験して合格すれば資格を取得できるということもありますからいろいろです。

 

 資格試験を受験するために勉強をしている人も多いのですが、公的資格試験の場合には、独学や参考書、通信講座などを利用して勉強をするということも十分に可能なのですが、やはり国家資格試験になると独学での1発合格はなかなか難しいといわれています。

 

 国家資格を取得するための試験を受験するためには、専門の学校へ通ったり予備校などへ通って勉強をしている人が多いですね。

 

 私も資格試験はいくつか受験しましたが、秘書検定の資格試験は比較的独学でも十分に合格できる試験の内容でしたが、保育士の資格試験の場合には3年間連続で受験しましたが、やはり1発合格は難しく、結局保育士の資格試験には合格することなくあきらめてしまいました。

 

資格 資格を取ろう